最終更新時間:2006年06月09日 13時22分42秒 ページ閲覧回数:1478

※まだまだ未完成の状態です。皆様のご協力をお待ちしております。
※暫定でコメント機能を復活させました。引き続きご迷惑おかけいたします。

疾風剣豪精太

データ

データ
読みしっぷうけんごうぜーた
所属頑駄無軍団光の七人衆(百騎組頭領)
デザイン機体武者精太頑駄無(SD戦国伝 武者七人衆編)
作品SDガンダムフォース絵巻 武者烈伝武化舞可編
武者烈伝・零

内容

かつて世界を魔の手から守った頑駄無軍団が誇る光の七人衆の名軍師にして少年剣士嵐丸の父親。
頑駄無軍団きっての知性派で常に最前線に立ち戦う弓の名手。百人の騎馬部隊からなる頑駄無軍団の
主力部隊「百騎組」頭領を務めており、稀代の名馬「緒羅四恩」の血を引くという愛馬・疾風号との
コンビネーション「超人馬形態」は軍団一のスピードを持っている。頑駄無一行と合流後は共に行動、
悪無覇域夢山に向かう。最終決戦では光凰や光の七人衆、殺駆頭漣飛威と共に八絋の陣の一端を担い、
天装招来形態に変幻し、新烈火武者頑駄無に変化した頑駄無を守るべく闇の魔物たちと戦った。
突忍・芽雫珠とは互いに憎からず想う仲だが事あるごとに駄舞留精太にからかわれるのが悩みの種。
後の邪悪武者軍団侵攻時には将頑駄無殺駆頭から邪悪武者撃滅を命じられ、先頭に立ち奮戦するが
その際、武化舞可使用時の巨大な爆発に巻き込まれ、永らく生死不明になっていたが一時的に復活、
烈火武者頑駄無消滅後、百騎組を率いて新頑駄無城を奪還、邪悪武者に対して反抗の狼煙を上げた。
その後、武化舞可の完全発動により完全復活、嵐丸と真の再会を果たした。コミックワールドでは
最終話で将頑駄無殺駆頭の後を継いで将武装を纏い、二代目将頑駄無となっていた。

使用武器&支援メカ

■赤龍剣【せきりゅうけん】

影舞乱夢で作られた精太愛用の剣、HJ04年11月号の画稿では武神刀と言う名称だった。

■破邪の弓【はじゃのゆみ】

龍の爪より作られたと言われる龍爪の矢を放つ疾風剣豪精太愛用の弓、
肩鎧と矢筒の組み合わせで構成され、同様の構成だった初代精太の弓を彷彿とさせる。
なお当初、矢筒は円筒形デザインだったが最終的に角柱型に変更された。

■龍爪の矢【りゅうそうのや】

破邪の弓より放たれる龍の爪より作られたと言われる矢。

■武化舞可の覇兜【ぶかぶかのはとう】

光の七人衆と共に戦った大将軍が纏っていたとてつもない力を秘めた伝説の鎧の一つで
地水火風のあらゆる情報を収集する能力がある武化舞可、疾風剣豪精太から嵐丸に受け継がれた。
元々は雷凰頑駄無大将軍の「光の鎧」だったが魔界大戦後に将頑駄無殺駆頭が七つに分割、
大将軍の意思と共に光の七人衆に託した。

■疾風号【はやてごう】

これまで幾度も生死を共にした疾風剣豪精太の愛馬、その名の如く疾風のように戦場を駆ける。
登場当初は嵐丸が勝手に持ち出していたが精太の挙兵に呼応して精太の元に駆けつけた。
ボンボンで初登場した時は「しっぷうごう」と言う名称だったが何故か名称変更された。
初代武者精太頑駄無の愛馬にして稀代の名馬「緒羅四恩」の血を引いているらしく、
旧緒羅四恩に比べ、大陸馬的デザインに変更されている。なお、後に嵐丸が正式に
疾風剣豪精太から譲り受ける事になる。

使用忍術&必殺技

■八絋の陣【はっこうのじん】

烈伝・零十一話で七人衆+殺駆頭漣飛威で使用した烈火と光凰を中心に集まる武者戦陣、
「鳳天雷地風火水凰」のカオスワーズによって光の力を降ろし、光凰が大将軍化した。
因みにこの時、疾風剣豪精太は陣の左上に位置していた。(正面から見ると右上)

変形&変幻

■超人馬形態【ケンタウロススペシャル】

疾風号と合体して30倍のスピードを誇る疾風剣豪精太最強の形態。

■天装招来形態【てんそうしょうらいけいたい】

闇との戦いにおいて真の力を発揮する為の神装形態(要は明鏡止水モード)で
光の力を極限まで高め、闇の邪気を払い対等に戦う為の結界を発生させる効果がある。
外見も左右の肩に鳳凰を模した徽章が付き、白と金、黒をメインにしたカラーに変化している。

備考

ベースキャラである旧武者精太頑駄無に比べ、よりZガンダムに近いデザインと相成った疾風剣豪精太
やはり烈火武者頑駄無同様に精太関係の単語や武装が散りばめられており、古参ファンにも人気のキャラ。
なお、今作の七人衆の武装は旧七人衆が刀、薙刀、銃、砲と遠近中どのレンジにも対応できるのに対して
旧作でそのキャラが多用したもしくはそのキャラを代表するような武装のみの所持に留まっている。
デザインは今西画伯、プラモ開発画稿は寺島氏が担当した。

参考資料

BB戦士癸横沓院疾風剣豪精太説明書&コミックワールド
講談社刊 SDガンダムフォース絵巻 武者烈伝武化舞可編(全3巻)
講談社刊 コミックボンボン04年6月号〜05年11月号
ホビージャパン刊 ホビージャパン04年10月号
ホビージャパン刊 ホビージャパン04年11月号
ホビージャパン刊 ホビージャパン05年3月号
ホビージャパン刊 ホビージャパン05年4月号
ホビージャパン刊 ホビージャパン05年5月号
ホビージャパン刊 ホビージャパン05年6月号
ホビージャパン刊 ホビージャパン05年7月号
ホビージャパン刊 ホビージャパン05年9月号
ホビージャパン刊 ホビージャパン05年10月号
ホビージャパン刊 ホビージャパン05年11月号
ホビージャパン刊 ホビージャパン05年12月号
ホビージャパン刊 ホビージャパン06年1月号

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://mslexicon.sakura.ne.jp/wiki/tb.cgi/%BC%C0%C9%F7%B7%F5%B9%EB%C0%BA%C2%C0

{{mcomment}}

※各ページのコメント欄への情報提供以外の書き込みは全力で排除します。
 当サイトは出典情報を主とした信頼性のある情報を求めています。
 コメントに書き込む際にはどこで得た情報なのか出典を明確に記載するようお願い致します。
 出典もなく信頼度の低い情報は真実であっても、出典なしとして削除することもあります。
 挨拶・質問・予想・感想等は別途用意したコメントフォームに日本語で記載してください。荒れる原因になって対応が非常に面倒です。
※情報提供の手段としてURLを記載する事を一切禁止します。
(どんなに有益でも「有害」と判断し削除します。)
※本文と関連の無いトラックバックは発見次第抹消します。

「Data of GUNDAM MS-LEXICON」 http://www002.upp.so-net.ne.jp/BASARA/lexicon/
(データ オブ ガンダム えむえすれくしこん MS辞典)


(c)SOTSU AGENCY・SUNRISE
(c)創通エージェンシー・サンライズ
(c)創通エージェンシー・サンライズ・フジテレビ
(c)創通エージェンシー・サンライズ・毎日テレビ
(c)(株)バンダイ
 ⇒著作権表示


画像に問題がある場合、当サイトでは即対応として消去致します。お手数ですがご連絡お願いいたします。
 ⇒情報掲載説明
 ⇒画像提供×
 ⇒わーにんぐ


皆さんのおかげでこのサイトは構成されております。
 ⇒情報提供者一覧
 ⇒リンクリスト


ホビーショップ だっちん堂

http://mslexicon.sakura.ne.jp
[ガンダム MS辞典] MS-LEXICON-Wiki
[ 疾風剣豪精太 ]
トップ 差分 一覧 Farm ソース 検索 ヘルプ PDF ログイン