最終更新時間:2006年04月09日 09時01分26秒 ページ閲覧回数:2895

※まだまだ未完成の状態です。皆様のご協力をお待ちしております。
※暫定でコメント機能を復活させました。引き続きご迷惑おかけいたします。

/英字UVWXYZ  「SEED X ASTRAY」

ドレッドノートガンダムXアストレイ

機体名ドレッドノート画像
型式番号YMF-X000A
英語名DREADNOUGHT GUNDAM
所属ザフト軍→ジャンク屋ギルド
パイロットプレア・レヴェリー
装甲材質
装備MA−M22Yビームライフル×1
ドラグーン(分離式統合制御高速機動兵装群ネットワーク)システム×4
MMI−GAU2ピクウス76ミリ近接防御機関砲×4
MA−MV04複合兵装防盾システム
XM1プリスティスビームリーマー×2
作品名機動戦士ガンダムSEED X ASTRAY
参考書籍月刊ガンダムエース2004年7月号No.23特別付録
  機動戦士ガンダムSEED ASTRAY X ASTRAY COMPLETE DESIGN FILE
SEED−MSV07 HG1/144ドレッドノートガンダムキット解説書
角川コミックス・エース 機動戦士ガンダムSEED X ASTRAY 第2巻

内容

強奪したガンダムを元に、ザフト軍が作り上げたガンダム試作機。
ゲイツを基本に開発され、核動力炉を持つため、ニュートロンジャマーキャンセラーも搭載されている。
特異な形状のバックパックにそのヒミツがありそうだ。
このドレッドノートの技術がフリーダムジャスティスに流用されたと思われる。
なお、名前の「ドレッドノート」とは「勇敢な人」をさす。

内容(COMPLETE DESIGN FILE)

ザフト軍が地球連合から奪取した4体のガンダム。
そこから得られた技術をもとに作った最初のテスト機(プロト・ザフト・ガンダム)。
核エンジンとその使用を可能にするニュートロンジャマーキャンセラーを搭載している。
また、プロヴィデンスに搭載されたドラグーンシステムのテスト機でもある。
背中の巨大なドラグーンは、設計データのみが存在し、ザフトでは実機が製作されることはなかった。

内容(キット解説書)

ザフトが地球連合から奪い取った技術をベースにクラーク、アジモフ、ハインラインの三設計局が共同で開発したモビルスーツ。
その最大の特徴は、ニュートロンジャマーキャンセラーの搭載によって核エンジンの使用が可能になった点にある。
また、核エンジンのもたらした莫大なパワーは、ドラグーンシステムやPS(フェイズシフト)装甲などの大量に電力を消費する強力な装備の搭載をも可能にした。

その結果、ドレッドノートは後のガンダム系モビルスーツ(フリーダムジャスティスリジェネレイトプロヴィデンス)につながる新テクノロジーを満載した実験的機体となったのである。
本機のディテールは、この機体がゲイツと、ガンダム系機の両方の特徴を兼ね備えた過渡期のモデルであることを示している。

ドレッドノートとは「勇敢な者」を意味する言葉である。
その命名理念は、公式には「プラントの守護を担う勇敢な機体であれ」との願いが込められていると伝えられている。
しかし実際の開発現場では、危険をともなう核エンジンを搭載したことでパイロットの負うリスクが増したことから、「こんな機体に乗る者は勇敢な人物だ」という冗談めかした理由から名付けられたという説が好んで伝えられた。

所期の目標を果たしたドレッドノートは解体調査後、廃棄処分されることになった。
しかし大戦末期、ジャンク屋ギルドの機体、Xアストレイとして忽然と再登場する。
「勇敢な者」の生涯は、数奇な運命に彩られていた。

備考

ゲイツの頭部

ロウの手に渡った時、頭部がなかったため、急遽ゲイツの頭部を移植し起動させた。
この状態では核エンジンは使用できない。

ドラグーン・システム

ザフトではデータのみで実物が製作されることは無かったが、バルトフェルドからデータを譲り受けたロウがロンド・ミナ・サハクの好意によりオーブの宇宙ステーション「アメノミハシラ」の工廠を利用して製作している。

Xアストレイ

命名はロウ・ギュール。
巨大なX字状のドラグーン・システムを背負っているのと、人殺しの道具である兵器でありながら使い方次第で人を救う事もできるとの見解からASTRAY=「王道ではない」から名付けられた。

スペック

項目内容
全高18.21m
頭頂高
全長
本体重量
重量67.50t
(ドラグーンシステム含まず)
ジェネレーター出力
スラスター推力
センサ有効半径

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://mslexicon.sakura.ne.jp/wiki/tb.cgi/%A5%C9%A5%EC%A5%C3%A5%C9%A5%CE%A1%BC%A5%C8%A5%AC%A5%F3%A5%C0%A5%E0

※各ページのコメント欄への情報提供以外の書き込みは全力で排除します。
 当サイトは出典情報を主とした信頼性のある情報を求めています。
 コメントに書き込む際にはどこで得た情報なのか出典を明確に記載するようお願い致します。
 出典もなく信頼度の低い情報は真実であっても、出典なしとして削除することもあります。
 挨拶・質問・予想・感想等は別途用意したコメントフォームに日本語で記載してください。荒れる原因になって対応が非常に面倒です。
※情報提供の手段としてURLを記載する事を一切禁止します。
(どんなに有益でも「有害」と判断し削除します。)
※本文と関連の無いトラックバックは発見次第抹消します。

「Data of GUNDAM MS-LEXICON」 http://www002.upp.so-net.ne.jp/BASARA/lexicon/
(データ オブ ガンダム えむえすれくしこん MS辞典)


(c)SOTSU AGENCY・SUNRISE
(c)創通エージェンシー・サンライズ
(c)創通エージェンシー・サンライズ・フジテレビ
(c)創通エージェンシー・サンライズ・毎日テレビ
(c)(株)バンダイ
 ⇒著作権表示


画像に問題がある場合、当サイトでは即対応として消去致します。お手数ですがご連絡お願いいたします。
 ⇒情報掲載説明
 ⇒画像提供×
 ⇒わーにんぐ


皆さんのおかげでこのサイトは構成されております。
 ⇒情報提供者一覧
 ⇒リンクリスト


ホビーショップ だっちん堂

http://mslexicon.sakura.ne.jp
[ガンダム MS辞典] MS-LEXICON-Wiki
[ ドレッドノートガンダム ]
トップ 差分 一覧 Farm ソース 検索 ヘルプ PDF ログイン