最終更新時間:2009年03月01日 07時34分42秒 ページ閲覧回数:1679

※まだまだ未完成の状態です。皆様のご協力をお待ちしております。
※暫定でコメント機能を復活させました。引き続きご迷惑おかけいたします。

[通常機体]  「機動戦士ガンダムΖΖ」

ジャムル・フィン

機体名ジャムル・フィン画像
型式番号AMA-01
AMA-01X
英語名JAMRU-FIN
所属ネオ・ジオン軍
パイロットデル
ダニー
デューン
装甲材質ガンダリウム合金
装備ハイ・メガ・キャノン
(出力MS時6〜10MW/MA時30.1MW)
3連装小型ミサイル・ランチャー×2
腕部ビーム砲
(出力5.3 MW/ビームサーベルとして使用可)×2
作品名機動戦士ガンダムΖΖ
参考書籍1/144ジャムル・フィン説明書

内容

本機はネオ・ジオンが初めて開発に着手したモビルアーマーである。
だが、この機体は開発途上で急遽設計が変更され、実戦配備が決定した。
従って現在見るジャムル・フィンの内、本来のボディは胴体のみで、それ以外は頭部、腕部、脚部などは全て極めて短期間に製作された代用品である。
当初の予定では旧ジオン軍の「ビグ・ザム」の系統を引く大型モビルアーマーになる予定であった。
だが、戦局の進展とともにネオ・ジオンも開発に時間がかかる計画を認めるわけにもいかず、即戦力になると思われる機体は未完成であっても前線に投入せよと軍上層部より命令が下ったのだ。
本機の特徴は腹部のハイ・メガ・キャノンである。
戦艦の重装甲をセンサー有効半径ぎりぎりの距離から一撃で貫通、撃沈する威力を持つこの兵器は、まさしくモビルアーマー級のものと言えよう。
軍上層部はこの威力に注目し、人型兵器としての余分な機能を極力廃した自走砲として扱ったのだ。
また、可変機能は平行して開発が進められていたメガ・ブースターとのドッキングのためで複雑なものではない。
ドッキングの利点は単に機動性の向上に留まらず、ハイ・メガ・キャノンのパワーアップも含まれる。
さらに一体化するため、搭乗式よりも急旋回などの高機動運動に適しており、急贓品にしてはよくできた設計といえよう。
初期生産分である3機は、デル、ダニー、デューン少尉のチーム「スリーD」隊が使用する。
このチーム名は3人の頭文字を取っただけでなく「3-ディメンション」、文字通り3次元攻撃を特異とするところから付けられたあだなだ。

備考

スペック

項目内容
頭頂高15 m
全高17.2 m
本体重量24.7 t
全備重量58.5 t
ジェネレーター出力4750 kw
スラスター総推力82600 kg
パワージェネレーター出力4750 kw
移動用ロケット推力34400 kg
24100 kg×2
アポジモーター数
センサー有効半径13400 m
姿勢制御用バーニア10基

{{mcomment}}

※各ページのコメント欄への情報提供以外の書き込みは全力で排除します。
 当サイトは出典情報を主とした信頼性のある情報を求めています。
 コメントに書き込む際にはどこで得た情報なのか出典を明確に記載するようお願い致します。
 出典もなく信頼度の低い情報は真実であっても、出典なしとして削除することもあります。
 挨拶・質問・予想・感想等は別途用意したコメントフォームに日本語で記載してください。荒れる原因になって対応が非常に面倒です。
※情報提供の手段としてURLを記載する事を一切禁止します。
(どんなに有益でも「有害」と判断し削除します。)
※本文と関連の無いトラックバックは発見次第抹消します。

「Data of GUNDAM MS-LEXICON」 http://www002.upp.so-net.ne.jp/BASARA/lexicon/
(データ オブ ガンダム えむえすれくしこん MS辞典)


(c)SOTSU AGENCY・SUNRISE
(c)創通エージェンシー・サンライズ
(c)創通エージェンシー・サンライズ・フジテレビ
(c)創通エージェンシー・サンライズ・毎日テレビ
(c)(株)バンダイ
 ⇒著作権表示


画像に問題がある場合、当サイトでは即対応として消去致します。お手数ですがご連絡お願いいたします。
 ⇒情報掲載説明
 ⇒画像提供×
 ⇒わーにんぐ


皆さんのおかげでこのサイトは構成されております。
 ⇒情報提供者一覧
 ⇒リンクリスト


ホビーショップ だっちん堂

http://mslexicon.sakura.ne.jp
[ガンダム MS辞典] MS-LEXICON-Wiki
[ ジャムル・フィン ]
トップ 差分 一覧 Farm ソース 検索 ヘルプ PDF ログイン