最終更新時間:2008年03月04日 01時22分37秒 ページ閲覧回数:1414

※まだまだ未完成の状態です。皆様のご協力をお待ちしております。
※暫定でコメント機能を復活させました。引き続きご迷惑おかけいたします。

[通常機体]英字KLMNO 

M1Aアストレイ

機体名M1Aアストレイ画像
型式番号MBF-M1A
英語名M1A ASTRAY
所属オーブ
パイロットバリー・ホー
装甲材質
装備70式ビームサーベル
イーゲルシュテルン
71-44式改狙撃型ビームライフル
作品名機動戦士ガンダムSEED
参考書籍GジェネレーションP

内容

オーブ連合首長国の宇宙戦用量産型MS。
本機はオーブの静止軌道ステーション「アメノミハシラ」を防衛する為に開発されたM1の宇宙戦用版である。
オーブ本国が地球連合軍に対して降伏した際、アメノミハシラの管理・運用を担当してきたサハク家は地球連合軍に反旗を翻し、M1Aの開発・製造ならびに実戦配備を続行した。
M1との主な相違点は、大幅に簡略化された脚部構造である。
これは本機の活動領域が宇宙空間のみを想定している為である。
脚としては機体の自重を支持する程度の強度しかないが姿勢制御の為のAMBAC機動時の応答性が30%向上している。
またスラスターも増設・強化され、背部には新たな推進剤及び冷却材の貯蔵タンクが装備された。
頭部のV字型アンテナも大型化され、軌道上での電子コミュニケーション能力の引き上げが図られている。
主武装のビーム・ライフルは軌道上での超長距離射撃用に開発されたもので、一体型の高精度センサーと地球周辺磁場のビーム偏差に関するデータベースに連動した照準システムを内蔵することで、極めて高い命中精度を発揮する。
その有効射程は、最適化の条件で400kmにも達する。
尚、アメノミハシラと平行して地上で開発されていたM1Aのパーツはクサナギに積載され、宇宙で組み立てられた。
本機はクサナギに乗艦していたパイロットの中で特に優秀なものに与えられている。
その中には「拳神」と呼ばれたバリー・ホーも含まれており、ヤキン・ドゥーエ宙域戦において多大な戦果を挙げている。

備考

スペック

項目内容
全高
頭頂高
全長
本体重量
重量
ジェネレーター出力
スラスター推力
センサ有効半径

{{mcomment}}

※各ページのコメント欄への情報提供以外の書き込みは全力で排除します。
 当サイトは出典情報を主とした信頼性のある情報を求めています。
 コメントに書き込む際にはどこで得た情報なのか出典を明確に記載するようお願い致します。
 出典もなく信頼度の低い情報は真実であっても、出典なしとして削除することもあります。
 挨拶・質問・予想・感想等は別途用意したコメントフォームに日本語で記載してください。荒れる原因になって対応が非常に面倒です。
※情報提供の手段としてURLを記載する事を一切禁止します。
(どんなに有益でも「有害」と判断し削除します。)
※本文と関連の無いトラックバックは発見次第抹消します。

「Data of GUNDAM MS-LEXICON」 http://www002.upp.so-net.ne.jp/BASARA/lexicon/
(データ オブ ガンダム えむえすれくしこん MS辞典)


(c)SOTSU AGENCY・SUNRISE
(c)創通エージェンシー・サンライズ
(c)創通エージェンシー・サンライズ・フジテレビ
(c)創通エージェンシー・サンライズ・毎日テレビ
(c)(株)バンダイ
 ⇒著作権表示


画像に問題がある場合、当サイトでは即対応として消去致します。お手数ですがご連絡お願いいたします。
 ⇒情報掲載説明
 ⇒画像提供×
 ⇒わーにんぐ


皆さんのおかげでこのサイトは構成されております。
 ⇒情報提供者一覧
 ⇒リンクリスト


ホビーショップ だっちん堂

http://mslexicon.sakura.ne.jp
[ガンダム MS辞典] MS-LEXICON-Wiki
[ M1Aアストレイ ]
トップ 差分 一覧 Farm ソース 検索 ヘルプ PDF ログイン