最終更新時間:2016年09月02日 16時18分07秒 ページ閲覧回数:1668

※まだまだ未完成の状態です。皆様のご協力をお待ちしております。
※暫定でコメント機能を復活させました。引き続きご迷惑おかけいたします。

影忍者射殺駆

データ

データ
読みかげにんじゃしゃざく
所属殺駆一族殺駆頭直属の隠密
デザイン機体MS−06S シャア専用ザク(機動戦士ガンダム)
作品SD戦国伝 武者七人衆編

内容

闇軍団最強と言われる殺駆頭が軍団長を務める殺駆一族に所属する殺駆頭直属の隠密。普段は闇軍団の忍者として常に情報収集、スパイなどの隠密行動を行っているが仕事上、余り目立たず、その存在を知る者も少ない為、性格も少し暗い。闇軍団秘密工場の警護任務に就いていた際に武者影頑駄無の襲撃を受けてド突き倒された。その後、秘密工場より盗まれた書類を取り返す任務を受け、目立とうと奮闘するが目の前にいても気付かれないという自分の余りの影の薄さに自己嫌悪に陥り、落ち込む。他の忍者に比べて三倍の速さで行動でき、様々な武器を巧みに使い分ける事が出来るが闇の仕事しかしないため、自然と体の色も黒っぽくなり、アリ以下の存在感が悩みの種。

使用武器&支援メカ

■刀【かたな】

影忍者射殺駆の持つ刀、普段は背中に装備している比較的大振りな刀。

■斧【おの】

影忍者射殺駆の持つ斧、斧のイボイボが痛そうである、ゲッ○ートマ○ーク?

■手甲【てっこう】

影忍者射殺駆が左腕に装備している手甲、カギ爪が付いているので接近戦で相手を刺したり引っ掻いたりするのだろう。

■大砲【おおづつ】

影忍者射殺駆の持つザク・バズーカ似の大砲、本編未使用。

備考

七人衆編ワキ役その四、斎胡同様カラーリングが大きく変わったキャラでもあり、当時は単にザクベースと思ったりもしたが「三倍の速さで行動」と言うくだりがまんまシャア専用ザクである。実際、射殺駆という名称もシャア専用ザク→シャアザク→シャーザク→シャザク(射殺駆)という流れで名付けられたらしい。彼はアリ以下の存在感の無さを気にしていたが目の前にいても気付かれないというのは隠密行動を行う忍者としてはこれ以上ない武器のような気がする。

参考資料

BB戦士癸械亜武者影頑駄無説明書&コミックワールド
BB戦士癸械魁影忍者射殺駆頑駄無説明書&コミックワールド
バンダイ刊 BB戦士コミックワールドウルトラスペシャル
講談社刊 SD武者ガンダム風雲録(全9巻)
講談社刊 元祖!SDガンダム(全5巻)
講談社刊 コミックボンボンスペシャル60 SD武者頑駄無超事典
講談社刊 コミックボンボンスペシャル74 SD戦国伝超事典
講談社刊 コミックボンボンスペシャル131 完全攻略BB戦士大百科

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://mslexicon.sakura.ne.jp/wiki/tb.cgi/%B1%C6%C7%A6%BC%D4%BC%CD%BB%A6%B6%EE

※各ページのコメント欄への情報提供以外の書き込みは全力で排除します。
 当サイトは出典情報を主とした信頼性のある情報を求めています。
 コメントに書き込む際にはどこで得た情報なのか出典を明確に記載するようお願い致します。
 出典もなく信頼度の低い情報は真実であっても、出典なしとして削除することもあります。
 挨拶・質問・予想・感想等は別途用意したコメントフォームに日本語で記載してください。荒れる原因になって対応が非常に面倒です。
※情報提供の手段としてURLを記載する事を一切禁止します。
(どんなに有益でも「有害」と判断し削除します。)
※本文と関連の無いトラックバックは発見次第抹消します。

「Data of GUNDAM MS-LEXICON」 http://www002.upp.so-net.ne.jp/BASARA/lexicon/
(データ オブ ガンダム えむえすれくしこん MS辞典)


(c)SOTSU AGENCY・SUNRISE
(c)創通エージェンシー・サンライズ
(c)創通エージェンシー・サンライズ・フジテレビ
(c)創通エージェンシー・サンライズ・毎日テレビ
(c)(株)バンダイ
 ⇒著作権表示


画像に問題がある場合、当サイトでは即対応として消去致します。お手数ですがご連絡お願いいたします。
 ⇒情報掲載説明
 ⇒画像提供×
 ⇒わーにんぐ


皆さんのおかげでこのサイトは構成されております。
 ⇒情報提供者一覧
 ⇒リンクリスト


ホビーショップ だっちん堂

http://mslexicon.sakura.ne.jp
[ガンダム MS辞典] MS-LEXICON-Wiki
[ 影忍者射殺駆 ]
トップ 差分 一覧 Farm ソース 検索 ヘルプ PDF ログイン