最終更新時間:2008年05月07日 04時53分31秒 ページ閲覧回数:2623

※まだまだ未完成の状態です。皆様のご協力をお待ちしております。
※暫定でコメント機能を復活させました。引き続きご迷惑おかけいたします。

[通常機体]  「機動戦士Ζガンダム」

メタス

機体名メタス画像
型式番号MSA-005
英語名METHUSS
所属エゥーゴ
パイロットレコア・ロンド
ファ・ユイリィ
装甲材質ガンダリウム合金
装備ビーム・サーベル(0.5MW)x6
(ビーム・サーベル(0.4MW))
アーム・ビームガン×2
ビームライフル(2.2MW)
作品名機動戦士ガンダム
参考書籍ガンダムコレクション8
MJ1992.3

内容

エゥーゴの攻撃用試作型可変MS。
アナハイム社の新型MS開発計画「Zプロジェクト」に関連して試作されたMSの1つで、可変機構のテスト用に開発された機体である。
MA形態での運動性や加速性能は良好だが、可変機能を優先し過ぎたため機体の耐久度は低くまた火力も貧弱であった。
そのため試作機数機が完成した時点で開発は中止され、量産は見送られた。
しかし操縦が容易であったため、一部の機体が改修を受けて前線に配備されている。

ガンコレ

Ζ計画は傑作機ゼータガンダムの開発に成功したが、この機体の量産化の目途が立つまで、共に運用の出来る可変モビルスーツに悩む事となった。
メタスは、Ζ計画の一環で開発された可変機構を持つモビルスーツで、高火力の兵装こそ持たないものの両腕部にはアーム・ビーム・ガンが備えられ、ビーム・サーベルを複数持つことによって、足止めや持久戦を前提とした機体となったのである。
グリプス戦役中期、ティターンズのアポロ作戦に合わせて投入されたこの機体は可変モビルスーツながら操縦は比較的易しく、パイロット歴の浅い者でも生還率が極めて高かった。
また、マシントラブルも少なく、アーガマ隊では大変重宝され、機体を損失しても、ダブルゼータが配備されるまで何度も補充され続けたようだ。

MA形態

メタスは可変機構の検証試作機という性格上、攻撃力はさほど高くない。
しかし、MA形態では高速移動能力を生かし、戦闘機として活躍した。

備考

スペック

項目内容
頭頂高18.1 m
全高26.0 m
全長21.8 m
本体重量27.8 t
全備重量52.4 t
ジェネレーター出力1640 kw
パワージェネレーター出力1640 kw
スラスター推進力77000 kg
移動用ロケット推力18600 kg×3
10600 kg×2
アポジモーター数不明
センサー有効半径10900 m
姿勢制御用バーニア8基
乗員1 名

{{mcomment}}

※各ページのコメント欄への情報提供以外の書き込みは全力で排除します。
 当サイトは出典情報を主とした信頼性のある情報を求めています。
 コメントに書き込む際にはどこで得た情報なのか出典を明確に記載するようお願い致します。
 出典もなく信頼度の低い情報は真実であっても、出典なしとして削除することもあります。
 挨拶・質問・予想・感想等は別途用意したコメントフォームに日本語で記載してください。荒れる原因になって対応が非常に面倒です。
※情報提供の手段としてURLを記載する事を一切禁止します。
(どんなに有益でも「有害」と判断し削除します。)
※本文と関連の無いトラックバックは発見次第抹消します。

「Data of GUNDAM MS-LEXICON」 http://www002.upp.so-net.ne.jp/BASARA/lexicon/
(データ オブ ガンダム えむえすれくしこん MS辞典)


(c)SOTSU AGENCY・SUNRISE
(c)創通エージェンシー・サンライズ
(c)創通エージェンシー・サンライズ・フジテレビ
(c)創通エージェンシー・サンライズ・毎日テレビ
(c)(株)バンダイ
 ⇒著作権表示


画像に問題がある場合、当サイトでは即対応として消去致します。お手数ですがご連絡お願いいたします。
 ⇒情報掲載説明
 ⇒画像提供×
 ⇒わーにんぐ


皆さんのおかげでこのサイトは構成されております。
 ⇒情報提供者一覧
 ⇒リンクリスト


ホビーショップ だっちん堂

http://mslexicon.sakura.ne.jp
[ガンダム MS辞典] MS-LEXICON-Wiki
[ メタス ]
トップ 差分 一覧 Farm ソース 検索 ヘルプ PDF ログイン