最終更新時間:2009年04月05日 03時38分55秒 ページ閲覧回数:3883

※まだまだ未完成の状態です。皆様のご協力をお待ちしております。
※暫定でコメント機能を復活させました。引き続きご迷惑おかけいたします。

[通常機体]  「MSV」?

フルアーマーガンダム

機体名フルアーマーガンダム画像
型式番号FA-78
FA-78-1
英語名FULL ARMOR GUNDAM
所属地球連邦軍
パイロットハインツ・ベア中尉
アムロ・レイ少尉(予定)
装甲材質ルナチタニウム
装備頭部バルカン×2
2連装ビーム・ライフル
ロケット砲
肩部7連ミサイル×2
膝部6連ミサイル×2
作品名MSV
参考書籍MSVコレクションファイル
GFF フルアーマーガンダム
MIA フルアーマーガンダム
SDガンダムBB戦士シリーズ No.251
機動戦士ガンダム ギレンの野望 ジオン独立戦争記
スーパーロボット大戦XO完全解析ファイル

内容

FA-78-1はRX-78の機体に増加装甲と武装を装着するというものだったが、それは最大の武器である運動性の低下を引き起こすと予想され、本計画案は見直しを迫られることとなった。
実働寸前にまでこぎつけていたものの、試作以前の段階で終わった。
増加装甲案計画は机上のもので終わったとされてきたが、ハインツ=ベア中尉が実際に実戦投入したとされる記録も存在する。

MSVコレクションファイル

RX-78-2の活躍は、結果としてNTの存在が表面化するという大きなイレギュラーな事象を発生させた。
そしてこの事実は、ジオンと連邦双方にNT用MSの開発を行なわせることになる。
まず最初に着手したのはジオンだったが、連邦も秋頃には複数の開発計画を実行に移す決定を下した。
その1つがFSWSというコードを与えられたNT用重武装MS計画であり、そこで提案されたのが、RX-78のフルアーマー化である。
本案はRX-78の機体に増加装甲と武装を装着するというものだったが、それは最大の武器である運動性の低下を引き起こすと予想された。
こうして本計画案は見直しを迫られることになったのである。

MIA

大戦末期に計画されていたRX-78用増加ウェポンシステムの1つとして戦後公表された、通称「フルアーマーガンダム」は未だに謎の多い機体である。
元々の計画内容は、ニュータイプパイロットへ向けて現存するRX-78タイプのみを母体として、増加装甲、追加武装、補助推進機を装着、各部はユニット化し、パーツは脱着簡易性が高く、装甲使用度の比較的高い部分のみに設置されるように設計が進められていたようだ。
実働寸前までこぎつけた増加ウェポンシステム機は、FSWSのコードネームで呼ばれ、FA-78-1の正式名称が与えられた。
ソロモン攻略戦直後に起きたサイド6沖遭遇戦へ実戦投入されたとする説が存在するものの公式には一年戦争に投入されていないとされている。
戦後、ジオン軍残党掃討戦用に同機が実戦配備されたらしいが、本来のニュータイプパイロットが乗ったかは定かではない。

GFF

RX-78の戦闘力向上案は「FSWS」のコードネームで呼ばれ、MS単体としての戦闘力を極限まで引き上げる事を目的としていた。
このFSWSを装着した「FA-78-1フルアーマーガンダム」は、来るべき決戦に備え、現存するRX-78に装着して実戦に投入することが計画された。
最終的に採用されたプランでは、改修パーツをRGC-80の脚部装甲同様、簡易着脱式のオプションとしてパッケージ化し容易に着脱できるよう配慮されていた。
武装は右腕に2連装ビーム・ライフルを固定し、予備バレルは左腕の装甲板上に携行される。
背部に360mmロケット砲1門が装着され、両肩と膝にはミサイル・ベイが装着された。
また、これらの重量増による機動性の低下については、バックパックと脹經部に補助推進装置を取り付けることで対処している。
FA-78-1は十分な開発期間も与えられないまま簡易装着型ウェポンシステムとして計画が進められたが、戦力化される前に終戦を迎え、軍部の過大な期待に反し、結局、なんら戦局に寄与することなく終わったのである。

ギレンの野望

簡易装着型の増加装甲を施したガンダムの改修機。
小数精鋭によるMS部隊の設立に合せて進められた、フルアーマー・オペレーションに基づいて開発された機体である。
増加装甲にはバーニアや武装が装着されており、攻撃力の獲得と機動性の維持が図られている。

ガンダムクロニクル

FSWSと呼ばれる装甲・武装強化計画によってガンダムに強化装甲システムを装着した機体。
2連装ビーム・ガンやキャノン砲を装備し攻撃力・防御力は大幅に向上している。
反面、重量増加により機動性が著しく低下するのを見越して、アーマーの脱着を可能とした。

アクシズの脅威V

フルアーマーオペレーションに基づいて試作された増加装甲をガンダムに装備した機体。
高い耐久性能に加えて武装追加による火力の強化がなされている。

スーパーロボット大戦XO完全解析ファイル

G-3ガンダムに増加装甲を施した重武装モビルスーツ。
戦闘中に分離を行うことでG-3ガンダムになることができる。
弾数は少ないがロケット砲は威力は抜群。

備考

ヘッドギア

SDガンダムBB戦士シリーズでのオリジナルのヘッドギア。
メインカメラ、デュアルアイ部分をカバーする形で装着されるが、見た目的には難がある感じ。

メインパイロット解説(MIA)

戦後刊行された「一年戦争戦略戦術大図鑑」に拠れば、戦中の地球連邦軍のエースパイロット十傑の一人にフルアーマーガンダムのパイロットとしてベア中尉の名が記されている。
彼の申告スコアは敵機37機、戦艦2隻だったようだ。

関連機体

スペック

項目内容
全高18.0 m
頭頂高
全長
本体重量62.5 t
全備重量
ジェネレーター出力
スラスター推力
センサ有効半径

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://mslexicon.sakura.ne.jp/wiki/tb.cgi/%A5%D5%A5%EB%A5%A2%A1%BC%A5%DE%A1%BC%A5%AC%A5%F3%A5%C0%A5%E0

{{mcomment}}

※各ページのコメント欄への情報提供以外の書き込みは全力で排除します。
 当サイトは出典情報を主とした信頼性のある情報を求めています。
 コメントに書き込む際にはどこで得た情報なのか出典を明確に記載するようお願い致します。
 出典もなく信頼度の低い情報は真実であっても、出典なしとして削除することもあります。
 挨拶・質問・予想・感想等は別途用意したコメントフォームに日本語で記載してください。荒れる原因になって対応が非常に面倒です。
※情報提供の手段としてURLを記載する事を一切禁止します。
(どんなに有益でも「有害」と判断し削除します。)
※本文と関連の無いトラックバックは発見次第抹消します。

「Data of GUNDAM MS-LEXICON」 http://www002.upp.so-net.ne.jp/BASARA/lexicon/
(データ オブ ガンダム えむえすれくしこん MS辞典)


(c)SOTSU AGENCY・SUNRISE
(c)創通エージェンシー・サンライズ
(c)創通エージェンシー・サンライズ・フジテレビ
(c)創通エージェンシー・サンライズ・毎日テレビ
(c)(株)バンダイ
 ⇒著作権表示


画像に問題がある場合、当サイトでは即対応として消去致します。お手数ですがご連絡お願いいたします。
 ⇒情報掲載説明
 ⇒画像提供×
 ⇒わーにんぐ


皆さんのおかげでこのサイトは構成されております。
 ⇒情報提供者一覧
 ⇒リンクリスト


ホビーショップ だっちん堂

http://mslexicon.sakura.ne.jp
[ガンダム MS辞典] MS-LEXICON-Wiki
[ フルアーマーガンダム ]
トップ 差分 一覧 Farm ソース 検索 ヘルプ PDF ログイン