最終更新時間:2008年04月02日 07時37分40秒 ページ閲覧回数:2814

※まだまだ未完成の状態です。皆様のご協力をお待ちしております。
※暫定でコメント機能を復活させました。引き続きご迷惑おかけいたします。

キャラクタータ行

トワニング

「機動戦士ガンダム」
「ガンダムセンチネル」

データ

画像PROFILE
所属ジオン公国軍
ネオ・ジオン軍
階級准将(機動戦士ガンダム)
主な搭乗機
登場機動戦士ガンダム
ガンダムセンチネル
声優
参考資料SDガンダムGジェネレーションF
EB No.12 キャラクター大図鑑I

内容

ネオ・ジオン軍の指揮官。
かつて旧公国軍突撃機動軍に所属しており、キシリア・ザビ直属の部下であったとする資料もあるが、ギレン・ザビ死亡後、全権を握ったキシリアの副官となった。それ以前はギレン配下であるとされる(EB キャラクター大図鑑I)。
ア・バオア・クー攻防戦においてキシリアがギレン・ザビを射殺した際には、部下に適切な指示を出し、混乱を最小限に抑えている。
またキシリアが脱出する際にも要塞に残留し、防戦を指揮して負傷、連邦軍の捕虜となった。
戦後アイスランドの捕虜収容所に収容されていたが、ジオン軍残党の手引きで脱走。
アクシズに逃れてネオ・ジオンの一員となっている。
「ペズンの反乱」に際しては反乱部隊を支援すべく艦隊を率いて出撃したが、到着直前にエアーズ市が陥落。
トワニングは残存部隊を回収して撤収した。

※キシリア配下とする説はEB 戦略戦術大図鑑ほか多数散見されるが、最も著名なものはファン・ブック『僕たちの好きなガンダム』で、キシリアの親衛隊という設定がある。

※EBの戦略戦術大図鑑等でもキシリアの副官とする記述が散見されるが、TV版本編を観る限りにおいて、EB No.12 キャラクター大図鑑Iに記載されている記述が最も信頼できる。
ギレンの死後はキシリアに従い、要塞陥落寸前、投降後の身の保証を確認の上、降伏命令を受けようとした。(メディアワークス社刊EB No.12 キャラクター大図鑑I)」

※各ページのコメント欄への情報提供以外の書き込みは全力で排除します。
 当サイトは出典情報を主とした信頼性のある情報を求めています。
 コメントに書き込む際にはどこで得た情報なのか出典を明確に記載するようお願い致します。
 出典もなく信頼度の低い情報は真実であっても、出典なしとして削除することもあります。
 挨拶・質問・予想・感想等は別途用意したコメントフォームに日本語で記載してください。荒れる原因になって対応が非常に面倒です。
※情報提供の手段としてURLを記載する事を一切禁止します。
(どんなに有益でも「有害」と判断し削除します。)
※本文と関連の無いトラックバックは発見次第抹消します。

「Data of GUNDAM MS-LEXICON」 http://www002.upp.so-net.ne.jp/BASARA/lexicon/
(データ オブ ガンダム えむえすれくしこん MS辞典)


(c)SOTSU AGENCY・SUNRISE
(c)創通エージェンシー・サンライズ
(c)創通エージェンシー・サンライズ・フジテレビ
(c)創通エージェンシー・サンライズ・毎日テレビ
(c)(株)バンダイ
 ⇒著作権表示


画像に問題がある場合、当サイトでは即対応として消去致します。お手数ですがご連絡お願いいたします。
 ⇒情報掲載説明
 ⇒画像提供×
 ⇒わーにんぐ


皆さんのおかげでこのサイトは構成されております。
 ⇒情報提供者一覧
 ⇒リンクリスト


ホビーショップ だっちん堂

http://mslexicon.sakura.ne.jp
[ガンダム MS辞典] MS-LEXICON-Wiki
[ トワニング ]
トップ 差分 一覧 Farm ソース 検索 ヘルプ PDF ログイン