最終更新時間:2008年09月15日 19時37分41秒 ページ閲覧回数:2595

※まだまだ未完成の状態です。皆様のご協力をお待ちしております。
※暫定でコメント機能を復活させました。引き続きご迷惑おかけいたします。

[通常機体]  「機動武闘伝Gガンダム」

デビルガンダム

機体名名称画像
型式番号JDG009X
JDG-009X
JDG-00X
英語名DEVIL GUNDAM
所属
ファイター
装甲材質
装備バルカン砲
メガデビルクラッシュ
必殺技
作品名機動武闘伝Gガンダム
登場話
参考書籍GジェネレーションP

内容

ナオジャパンで開発された試作機で、正式名称は「アルティメットガンダム」である。
開発当初はシャイニングガンダムの対抗機種となる予定だったが、開発者カッシュ博士の意図により、単なるMFの枠を遥かに超えた地球再生のための機体として開発された。
自己進化、自己再生、自己増殖の3大理論機能を踏まえて開発されたため、その能力は一兵器の枠を遥かに越えたものとなっている。
しかし完成直前に施設より持ち出されて地球に降下、その際のショックで暴走して「デビルガンダム」と化し、人類を抹殺するための活動を開始した。
DG細胞と呼ばれるウィルスによって生物や機械を変異させ、自由に操ることができ、また自己の機体を進化・成長させることも可能。
その上、強力な再生能力までも備えている。
降下後しばらくは新宿エリアに潜伏し、デスアーミー軍団を操って力を貯えていた。
その後ギアナ高地でシャイニングガンダムと戦い、一度は撃破されたものの、その再生能力によって復活を果たしてガンダムファイトの最終バトルロワイヤルに乱入した。
この際はゴッドガンダムに生体ユニットを打ち抜かれて崩壊したが、新たな生体ユニットを得て再び復活し、ネオジャパンコロニーを取り込んだ。
そして今度は地球へとその魔手を伸ばすが、ドモン・カッシュの活躍によって生体ユニットを失い、中枢部を粉砕され、今度こそ完全に破壊された。
活動を行うには、生体ユニットとして人間1人を必要とし、最初はキョウジ・カッシュ、次はレイン・ミカムラがユニットとなった。

備考

スペック

項目内容
全高
頭頂高
全長
本体重量
最大加重重量
ジェネレーター出力
スラスター推力
センサ有効半径

{{mcomment}}

※各ページのコメント欄への情報提供以外の書き込みは全力で排除します。
 当サイトは出典情報を主とした信頼性のある情報を求めています。
 コメントに書き込む際にはどこで得た情報なのか出典を明確に記載するようお願い致します。
 出典もなく信頼度の低い情報は真実であっても、出典なしとして削除することもあります。
 挨拶・質問・予想・感想等は別途用意したコメントフォームに日本語で記載してください。荒れる原因になって対応が非常に面倒です。
※情報提供の手段としてURLを記載する事を一切禁止します。
(どんなに有益でも「有害」と判断し削除します。)
※本文と関連の無いトラックバックは発見次第抹消します。

「Data of GUNDAM MS-LEXICON」 http://www002.upp.so-net.ne.jp/BASARA/lexicon/
(データ オブ ガンダム えむえすれくしこん MS辞典)


(c)SOTSU AGENCY・SUNRISE
(c)創通エージェンシー・サンライズ
(c)創通エージェンシー・サンライズ・フジテレビ
(c)創通エージェンシー・サンライズ・毎日テレビ
(c)(株)バンダイ
 ⇒著作権表示


画像に問題がある場合、当サイトでは即対応として消去致します。お手数ですがご連絡お願いいたします。
 ⇒情報掲載説明
 ⇒画像提供×
 ⇒わーにんぐ


皆さんのおかげでこのサイトは構成されております。
 ⇒情報提供者一覧
 ⇒リンクリスト


ホビーショップ だっちん堂

http://mslexicon.sakura.ne.jp
[ガンダム MS辞典] MS-LEXICON-Wiki
[ デビルガンダム ]
トップ 差分 一覧 Farm ソース 検索 ヘルプ PDF ログイン