最終更新時間:2007年02月03日 07時32分03秒 ページ閲覧回数:4201

※まだまだ未完成の状態です。皆様のご協力をお待ちしております。
※暫定でコメント機能を復活させました。引き続きご迷惑おかけいたします。

[通常機体]  機動戦士Zガンダム?

サイコガンダム

機体名サイコガンダム画像
型式番号MRX-009
英語名PSYCO GUNDAM
所属連邦軍
パイロットフォウ・ムラサメ
装甲材質ガンダリウム合金他(詳細不明)
装備3連装拡散メガ粒子砲
ビーム砲 x10
小型メガビーム砲 x2
作品名機動戦士ガンダム
参考書籍GジェネレーションF
1/144 HGUC 049 箱書き
ガンダムコレクションDX6

内容

連邦軍のNT専用試作型可変MA。
ムラサメ研究所で開発された、連邦軍初の本格的なNT専用機である。ただしビット等の遠隔操作型のサイコミュ兵器は搭載されておらず、火器管制や機体コントロールをサイコミュで制御している。
ミノフスキークラフトやI フィールド、多数のメガ粒子砲などの装備を搭載した結果、全備重量で200tを超える超大型機となった。
攻撃力と防御力において絶大な力を持つ期待であるが、パイロットとなる強化人間の精神状態が安定しないこともあり、その性能が完全に発揮されることはなかった。
またMS形態では腹部に3基、額に2基、両腕の指に計10基のメガ粒子砲を備え、MS形態でも変らず絶大な攻撃力を発揮する。
サイコミュによる機体外からの遠隔操作も可能であるが、この機能も精神を不安定にさせる要素の一つではなかろうか。
あくまでも「サイコミュ制御の機動要塞」であるMA形態が実体であり、広範囲の制圧作戦等通常のMSとは異なる任務を想定して開発されている。
試作2機が製作され、ホンコンシティやキリマンジャロでの戦闘に投入されたが、いずれも撃破されている。

内容(HGUC)

「サイコ・ガンダム」は、連邦軍のニュータイプ研究所のひとつ、日本のムラサメ研究所で開発されていたNT(ニュータイプ)専用可変モビルアーマーである。
この機体は、かつてジオン公国軍が開発したサイコミュシステムを、ほぼフルスペックで導入した物で機体サイズは通常のMSの二倍以上であった。
その甲斐あってサイコ・ガンダムは、複数のビーム砲や強靱な装甲、バリアーシステムなどを装備する当時最強の機体のひとつとして完成した。
要塞型への変形は、主に浮遊システムであるミノフスキークラフトを稼働させるためのもので、加えてこの機体は素質のあるパイロットをNTとして覚醒させる機能を付加されていた。
ただし、NT的な素質のある人材が極端に少なかったため、人工的NTとされる“強化人間”を生み出し、パイロットとして採用していたケースが多い。
UC0087年。
6月29日、エゥーゴのガルダ級輸送機アウドムラでニューギニアのティターンズ基地を目指すカミーユは、ニューホンコンに立ち寄り、そこに謎の巨大MAが出現する。
ホンコン・シティの摩天楼に突如出現した漆黒のサイコ・ガンダムは、MA形態のまま、迎撃に出たカミーユのガンダムMk-IIに襲いかかる。それは、カミーユの運命を変える出会いであった……。

ガンダムコレクションDX6

地球連邦軍のニュータイプ研究施設のひとつであるニホンのムラサメ研究所が開発したNT専用可変MA。
MA形態時にはミノフスキー・クラフトによって浮遊することが可能であり、その巨体に比して移動能力は高い。
MS形態に変形して格闘戦に対応することもでき、その際の全長は通常のMSのおよそ2倍となる。
腹部にジェネレーター直結型の強力な拡散メガ粒子砲を3門持ち、MS形態時には左右のマニオユレーターもそれぞれ5門のビーム砲として使用することができる。
また、頭頂部には2門のビーム・ガンを装備している。
この機体は、火器管制や機体制御のほとんど全てがサイコミュで制御されており、遠隔制御も可能。
パイロットも機体を構成するパーツのひとつということができる。
それは、フォウ・ムラサメの「サイコ・ガンダムとは私自身なのです」という発言にも表れている。

備考

スペック

項目内容
MS形態
頭頂高不明
全高40.0m
MA形態
翼幅32.4m
全高30.2m
本体重量214.1t
全備重量388.6t
ジェネレーター出力33600
スラスター総推進力不明
アポジモーター数不明
センサー有効半径不明
姿勢制御バーニア6

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://mslexicon.sakura.ne.jp/wiki/tb.cgi/%A5%B5%A5%A4%A5%B3%A5%AC%A5%F3%A5%C0%A5%E0

※各ページのコメント欄への情報提供以外の書き込みは全力で排除します。
 当サイトは出典情報を主とした信頼性のある情報を求めています。
 コメントに書き込む際にはどこで得た情報なのか出典を明確に記載するようお願い致します。
 出典もなく信頼度の低い情報は真実であっても、出典なしとして削除することもあります。
 挨拶・質問・予想・感想等は別途用意したコメントフォームに日本語で記載してください。荒れる原因になって対応が非常に面倒です。
※情報提供の手段としてURLを記載する事を一切禁止します。
(どんなに有益でも「有害」と判断し削除します。)
※本文と関連の無いトラックバックは発見次第抹消します。

「Data of GUNDAM MS-LEXICON」 http://www002.upp.so-net.ne.jp/BASARA/lexicon/
(データ オブ ガンダム えむえすれくしこん MS辞典)


(c)SOTSU AGENCY・SUNRISE
(c)創通エージェンシー・サンライズ
(c)創通エージェンシー・サンライズ・フジテレビ
(c)創通エージェンシー・サンライズ・毎日テレビ
(c)(株)バンダイ
 ⇒著作権表示


画像に問題がある場合、当サイトでは即対応として消去致します。お手数ですがご連絡お願いいたします。
 ⇒情報掲載説明
 ⇒画像提供×
 ⇒わーにんぐ


皆さんのおかげでこのサイトは構成されております。
 ⇒情報提供者一覧
 ⇒リンクリスト


ホビーショップ だっちん堂

http://mslexicon.sakura.ne.jp
[ガンダム MS辞典] MS-LEXICON-Wiki
[ サイコガンダム ]
トップ 差分 一覧 Farm ソース 検索 ヘルプ PDF ログイン