最終更新時間:2006年05月12日 13時45分41秒 ページ閲覧回数:1681

※まだまだ未完成の状態です。皆様のご協力をお待ちしております。
※暫定でコメント機能を復活させました。引き続きご迷惑おかけいたします。

疾風の風雷主

データ

データ
読みはやてのぷらす
所属頑駄無軍団新風林火山四天王
デザイン機体MSZ−006C1 ZプラスC1(GUNDAM SENTINEL)
作品SD戦国伝 風林火山編

内容

新生武者五人衆の一人、武者風雷主疾風の仁宇から譲り受けた「龍王天の鎧」を纏った姿。
風雷主は仁宇のもとで修行をした際、空中戦の極意を伝授され、風の称号を与えられ、また、
その実力を「風の鎧」にも認められており、その力を自在に扱うことが可能となっている。
元々が当時のオリジナル改造から生まれたキャラの為にコミックワールドでは未登場。

使用武器&支援メカ

■疾風丸【はやてまる】

風雷主の愛刀、風雷主は長身砲と三牙の槍の印象の方が強い為、イマイチ影が薄い。

■長身砲【スマートキャノン】

大目牙種子島ほどのパワーは無いが長射程を誇る風雷主風雷主の専用銃。
元ネタはZプラスC1のスマートキャノン。

■三牙の槍【さんがのやり】

風雷主が持つ三又の槍、風雷主はこれのイメージが強い、実は大将軍列伝で名称が判明した。

■スネークトップ【すねーくとっぷ】

風雷主の怒りや闘志といった感情の高まりによって額に出現するパーツで
普段は風雷王の機首になっている、強力なエネルギー弾を発射することもできる。
この形態では肩鎧に装備されており、元ネタはZプラスA2のハイメガキャノン。

■龍王天の鎧【りゅうおうてんのよろい】

遠い昔に風林火山四天王の一人である龍王天が用いたと言う鎧。
仁宇から風雷主に受け継がれた、通称「風の鎧」

■「マキ」の玉【まきのたま】

「翼を持つ者」の意味がある風雷主の持つ光の玉。
元ネタは太陽系の惑星で「マキ」の玉の由来はマーキュリー(水星)から。

■風雷王【ふうらいおう】

「マキ」の玉が変化した風雷主の支援メカ、合体する事で波走機になる。

備考

登場当初はガンダム野郎や決定版SD戦国伝超事典等でのオリジナル改造武者の一体だったが
何時の間にかオフィシャル化した新風林火山四天王の一人。(笑)因みに何度かカード化もされた。

参考資料

BB戦士癸毅亜武者風雷主説明書&コミックワールド
バンダイ刊 BB戦士コミックワールドウルトラスペシャル
講談社刊 SD武者ガンダム風雲録(全9巻)
講談社刊 超戦士ガンダム野郎(全12巻)
講談社刊 コミックボンボンスペシャル74 SD戦国伝超事典
講談社刊 コミックボンボンスペシャル131 完全攻略BB戦士大百科

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://mslexicon.sakura.ne.jp/wiki/tb.cgi/%BC%C0%C9%F7%A4%CE%C9%F7%CD%EB%BC%E7

※各ページのコメント欄への情報提供以外の書き込みは全力で排除します。
 当サイトは出典情報を主とした信頼性のある情報を求めています。
 コメントに書き込む際にはどこで得た情報なのか出典を明確に記載するようお願い致します。
 出典もなく信頼度の低い情報は真実であっても、出典なしとして削除することもあります。
 挨拶・質問・予想・感想等は別途用意したコメントフォームに日本語で記載してください。荒れる原因になって対応が非常に面倒です。
※情報提供の手段としてURLを記載する事を一切禁止します。
(どんなに有益でも「有害」と判断し削除します。)
※本文と関連の無いトラックバックは発見次第抹消します。

「Data of GUNDAM MS-LEXICON」 http://www002.upp.so-net.ne.jp/BASARA/lexicon/
(データ オブ ガンダム えむえすれくしこん MS辞典)


(c)SOTSU AGENCY・SUNRISE
(c)創通エージェンシー・サンライズ
(c)創通エージェンシー・サンライズ・フジテレビ
(c)創通エージェンシー・サンライズ・毎日テレビ
(c)(株)バンダイ
 ⇒著作権表示


画像に問題がある場合、当サイトでは即対応として消去致します。お手数ですがご連絡お願いいたします。
 ⇒情報掲載説明
 ⇒画像提供×
 ⇒わーにんぐ


皆さんのおかげでこのサイトは構成されております。
 ⇒情報提供者一覧
 ⇒リンクリスト


ホビーショップ だっちん堂

http://mslexicon.sakura.ne.jp
[ガンダム MS辞典] MS-LEXICON-Wiki
[ 疾風の風雷主 ]
トップ 差分 一覧 Farm ソース 検索 ヘルプ PDF ログイン