最終更新時間:2006年05月01日 18時48分40秒 ページ閲覧回数:2648

※まだまだ未完成の状態です。皆様のご協力をお待ちしております。
※暫定でコメント機能を復活させました。引き続きご迷惑おかけいたします。

[通常機体]  「クロスボーン・ガンダム」

クロスボーン・ガンダム1号機

機体名クロスボーン・ガンダム1号機画像
型式番号XM-X1(F-97)
英語名
所属新クロスボーン・バンガード
パイロットキンケドゥ・ナウ
装甲材質
装備頭部バルカン×2
ビームサーベル×2
ヒート・ダガー×2
シザー・アンカー×2
ブランドマーカー(ビーム・シールド)×2
バスターガン×1(ザンバスター×1)
アンチビーム・コーティングマント×1
ショットランサー(GUNDAM FIX FIGURATIONのみの装備)
作品名機動戦士ガンダム
参考書籍

内容

新クロスボーンバンガードの試作型MS。
サナリィ系ガンダム「Fシリーズ」の発展型であり、木星の重力圏下での運用を想定して開発された機体である。
なおサナリィでの型式番号は「F-97」。
最大の特徴は背部に設置されたX字形の可動式スラスターで、メインスラスターそのものを動かすことで姿勢制御を行なうという、独特のシステムを用いている。
武装は海賊軍の戦闘思想が反映され極端に接近戦に比重を置いており、多機能型ビームライフルや攻防両用のビームシールドなど独特のものが多い。
また耐ビームコーティング・マント(アンチ・ビーム・コーティング・マント)を装着することも可能で、総合的に見ればU.C.0130年代最強のMSだといえる。
試作機3機が実戦テストのため、秘密裏に新クロスボーン軍へ供与された。
本機は試作1号機で、木星戦役を通じて新クロスボーン軍の主戦力として戦い抜いている。

備考

額の髑髏マークの発案者はウモン。

スペック

項目内容
頭頂高15.9m
全高
本体重量9.5t
全備重量24.8t
ジェネレーター出力5280kw
スラスター総推進力100000
アポジモーター数38
センサー有効半径

{{mcomment}}

※各ページのコメント欄への情報提供以外の書き込みは全力で排除します。
 当サイトは出典情報を主とした信頼性のある情報を求めています。
 コメントに書き込む際にはどこで得た情報なのか出典を明確に記載するようお願い致します。
 出典もなく信頼度の低い情報は真実であっても、出典なしとして削除することもあります。
 挨拶・質問・予想・感想等は別途用意したコメントフォームに日本語で記載してください。荒れる原因になって対応が非常に面倒です。
※情報提供の手段としてURLを記載する事を一切禁止します。
(どんなに有益でも「有害」と判断し削除します。)
※本文と関連の無いトラックバックは発見次第抹消します。

「Data of GUNDAM MS-LEXICON」 http://www002.upp.so-net.ne.jp/BASARA/lexicon/
(データ オブ ガンダム えむえすれくしこん MS辞典)


(c)SOTSU AGENCY・SUNRISE
(c)創通エージェンシー・サンライズ
(c)創通エージェンシー・サンライズ・フジテレビ
(c)創通エージェンシー・サンライズ・毎日テレビ
(c)(株)バンダイ
 ⇒著作権表示


画像に問題がある場合、当サイトでは即対応として消去致します。お手数ですがご連絡お願いいたします。
 ⇒情報掲載説明
 ⇒画像提供×
 ⇒わーにんぐ


皆さんのおかげでこのサイトは構成されております。
 ⇒情報提供者一覧
 ⇒リンクリスト


ホビーショップ だっちん堂

http://mslexicon.sakura.ne.jp
[ガンダム MS辞典] MS-LEXICON-Wiki
[ クロスボーン・ガンダム1号機 ]
トップ 差分 一覧 Farm ソース 検索 ヘルプ PDF ログイン